ホーム > 生命保険を活用した納税資金対策

納税資金の準備

納税資金の準備

相続税は相続開始から10か月以内に現金で支払うのが原則となっています。
その納税資金として、不動産の売却と不動産を税金として納める物納がありますが、すぐに換金できる生命保険を活用すれば、不動産を売却、物納することなく納税することができます。
相続税の納税資金に困ることがないように、納税資金を準備しておく必要があります。

生命保険で相続税を支払う

相続発生時の相続税額を予想し、それに見合った生命保険に加入することで納税資金を準備します。
被相続人が生命保険に加入し、被相続人が死亡したとき、受取人を相続人にすることにより、現金で保険金を受け取ることができます。
それを納税に充てることで不動産の売却や物納を避けられます。

生命保険の非課税枠の利用

生命保険金の非課税枠を利用して相続税を軽減できます。
生命保険は500万円×法定相続人の数が非課税になります。
たとえば、法定相続人が4人の場合、2000万円までが非課税で保険金を受け取ることができますが、預貯金で2000万円がある場合、そのすべてに相続税がかかります。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】〒598-0007
大阪府泉佐野市上町1丁目3番4号コートサイドビル202号

【TEL】072-469-0908

【営業時間】9:00~18:00

【定休日】土曜・日曜・祝日

お問い合わせ