ホーム > 生前贈与による相続税対策

生前贈与には手続きが必要

生前贈与には手続きが必要

「親から生前贈与を受けることになって贈与税が心配」という悩みをよく聞きます。生前贈与は被相続人が亡くなる前に、本人の意思で相続人に財産を渡すこと。子どもや配偶者に贈与することで、被相続人が死亡時に支払う相続税を抑えるために行われますが、手続きをしないで生前贈与を行うと、相続税よりも高い贈与税を支払うことになります。

贈与税の2つの課税制度には、暦年課税と相続時生産課税があり、それぞれ損得が違いますので、一度ご相談ください。

贈与で相続財産を減らす暦年課税

1年間に贈与された合計が110万円の基礎控除額を超える場合、その超える部分に対して贈与税がかかりますが、贈与された財産の合計が110万円以下の場合、贈与税はかからないというメリットがあります。ある程度時間をかけて贈与を考えている方におすすめです。

(例)500万円の贈与を受けた場合
   (500万円−基礎控除額110万円)×税率20%−控除額25万円=53万円(贈与税)

相続時に贈与税を加える相続時精算課税

贈与税を仮払いし、相続時に仮払いした贈与税と相続税を精算する相続時精算課税があります。生前贈与すると、特別控除額2500万円までは贈与税がかかりませんが、超えると20%の贈与税がかかり、相続発生時に贈与価格を相続財産に加算して相続税を計算します。

アクセス


大きな地図で見る

【住所】〒598-0007
大阪府泉佐野市上町1丁目3番4号コートサイドビル202号

【TEL】072-469-0908

【営業時間】9:00~18:00

【定休日】土曜・日曜・祝日

お問い合わせ